ドイツ・パペンブルグ紀行

新造客船造船所のある街を訪ねて

*

*

新造客船はドイツのマイヤー ベルフト造船所で
建造されます。
この造船所は高い品質のエンジニアリングで広く世界的に知られ、
これまでに多くの豪華客船を生み出してきたところ。
巨大な船を屋内で大切につくるという
世界でも珍しい造船所です。
海沿いではなく内陸に位置しているというのも稀有な存在。
このマイヤー ベルフト造船所と、
この造船所の成り立ちとともにある小さく美しい街、
パペンブルグをご紹介します。

**

世界でも珍しい屋根のある造船所。
品質を保て、工期を予定通り進められます。

ドイツ北部、エムスランド・パペンブルグ。この街の中心にあるのが1795年に創業したマイヤー ベルフト社。
200年以上の歴史の中で、多くの豪華客船を生み出してきた造船所です。
世界最大の屋内造船所として、天候に左右されることなく高い品質と工期を保ちながら、
飛鳥クルーズの新造客船も建造されます。

**

新造客船は現在プランニングの段階。
デザインやレイアウトなど
細かく検討されます。

新造客船は2023年が建造の着手になります。その手前まではさまざまな設計が続きますが、
現在は経験豊富なイギリスのデザイナーと造船所、郵船クルーズの三者でアイデアを形にする作業を進めています。
客室のプランはほぼ終了し、現在はパブリックスペースの検討を行っています。

**

パペンブルグはいわば造船所の城下町。
中世の面影を色濃く残す
美しい川沿いの町です。

マイヤー ベルフト造船所があるパペンブルグは、ドイツ北部に位置し、
中世の歴史ある佇まいを色濃く残す小さくて美しい街です。
人々の憩いの場所となっている運河には、かつて造船所で造られた帆船が飾られ、街の周囲には牧歌的な風景が広がっています。

**

客船の進水式は街の一大イベント。
エムス川沿いには人々が集い
誕生を祝います。

マイヤー ベルフト社は内陸に位置する稀有な造船所。
完成した船はエムス川を下り、その先の北海を目指してゆっくりと進みます。
造船所とともに暮らすこの街の人々にとって、船の誕生は誇らしいこと。
新造客船が川を下るその時には、船出を祝う観客で賑わうことでしょう。

*

*

新造客船見学ツアーを検討中

新造客船建造期間である2025年までに、
マイヤー ベルフト造船所見学ツアーを実施すべく
現在検討中です。
お楽しみに。

**

新造客船 TOPへ